ヘアカラートリートメントの色の決め方

自分に合った色の決め方について

ピッタリと合うヘアカラートリートメントの色の決め方

ヘアカラーであれば、一度脱色してからカラーを入れていきますから、気に入った色にすれば良いのですが、 ヘアカラートリートメントの場合は、やや落ちついた色合いが好まれると聞いています。 白髪染めといってもブラック一色ではありません。 ブラックや、ブラウン系でも、明るめのブラウンや、暗めのブラウン、赤っぽいブラウンがあります。 なじみやすいカラーとしては、ブラックを選択しておくと良いのですが、ブラックも各社によって若干色合いが違ってきまから、 色合いが気にいらないようであれば、メーカーを変えてみるのも方法です。 ブラック意外に落ち着いて見えるのは、暗めのブラウンすが、ブラックよりも明るい印象を受けるのが特徴的です。 元々茶髪にしていた人では、明るめのブラウンや、赤っぽいブラウンを選択すると良いでしょう。

どの色合いが良いのかは、元々の髪の毛の色も関係してきます。 元々の色が黒いのであれば、ブラックにすると自然な感じになりますし、元々少し茶色く見えるのであれば、 暗めのブラウン系を選んだほうが自然な仕上がりになっていくでしょう。 雰囲気をがらりと変えて見たい場合は、かかる目のブラウンを利用するのも方法です。 その色にしたら一生その色のままと言うわけでもありませんから、シーズン等の期間ごとに色合いを変えて楽しむのも方法です。 他にも洋服との金意を考えてカラーリングを変えてみたり、自分には合わないので色を変えていくのも良いでしょう。

基本知識について
実用的情報について
サイドボックス01イメージ
New!
基礎知識として、どのように白髪が染まっていくのかを説明していきます。
サイドボックス02イメージ
Point
毛や肌質に合わないものを利用する事がないようにするのも大切になってくるでしょう。
サイドボックス03イメージ
PicKup
ヘアカラートリートメントは、実は経済的というのはあまり知っている方がいらっしゃらないようです。