白髪染めの準備と染め方

ヘアカラートリートメントで
白髪染めを行う際の準備と染め方

実際に使用する際の準備と染め方

実際に白髪染めをする場合は、使用上の容量や用法を詳しくみておく必要があります。 ヘアーカラートリートメントはお風呂場で使用しますが、その他の準備として、 まず汚れることがありますし、カラーリング剤が飛び散ることも考えられますから、 新聞紙を床に敷き詰めて汚れても大丈夫なようにしておきます。 洋服は汚れてもいいような洋服を着ておきましょう。 タオルを方や首の周りに巻いてなるべく洋服に着かなくすることも大切になってきます。 肌の弱い人は、露出部分にクリームなどを塗っておくと良いのですが、ただし生え際や頭皮に塗ってしまうと 生え際や、髪の毛の付け根に色むらが出るので注意が必要になるでしょう。 髪の毛が長い場合は特にヘアークリップなどを利用して、分割して髪の毛をカラーリングしていくと良いですし、 前開きの洋服であれば、使用後にすぐに脱いで洗い落とす時に便利です。 新聞紙を敷いていますが、念のためティッシュペーパーなどを用意しておくと飛び散った時に拭き取りが出来ます。

実際に塗っていく場合は、ヘアカラーの場合は混ぜて混合液を作り髪の毛を染めていきますが、 それ以外は液体を利用して髪の毛を染めていきますが、まずは白髪の気になる部分を染めていきます。 前側から後ろ側に染めていきますが、多めに塗ってしまうと色むらになりやすくなりますから、多めにならないように注意していきましょう。 ダメージがある髪の毛の場合は染まりやすい性質がありますから、最後に染めていくと良いとされています。

染め終わったらある程度放置をしていきますが、白髪染めによって時間が変っていることが多いですから、 説明書に書いてある時間を良く読んで置くことも大切になってきます。 湿度が低い場合は、10分程度少し長めに放置すると良いのですが、長い時間放置をすると髪の毛を痛める原因になりますから注意しましょう。 放置した後は、白髪染めを洗い流して行きますが、シャンプーをつけずにまずは良く洗い流すことも大切になります。 ヘアカラートリートメントの場合は簡単で、シャンプーした後に染めるだけになります。

基本知識について
実用的情報について
サイドボックス01イメージ
New!
基礎知識として、どのように白髪が染まっていくのかを説明していきます。
サイドボックス02イメージ
Point
毛や肌質に合わないものを利用する事がないようにするのも大切になってくるでしょう。
サイドボックス03イメージ
PicKup
ヘアカラートリートメントは、実は経済的というのはあまり知っている方がいらっしゃらないようです。