白髪染めの基礎知識

白髪染め使う際に知っておきたい基礎知識

白髪染めの基礎知識について

基礎知識として、まずはどのように白髪が染まっていくのかを説明していきます。 白髪染めや髪の毛のカラーリングは同じように、酸化染料とアルカリ剤、酸化剤の二つを混ぜて使用していきますが、 酸化染料とアルカリ剤の働きは、パラフェニレンジアミンやトルエン-2.5-ジアミンなどの成分によって酸化による染色反応がありまして、 発色されていきますが、この酸化によって染まっていきますから酸化染料と呼ばれています。 アルカリ剤は、アンモニアやモノエタノールアミン等の成分で、アルカリ剤によって髪の毛のキューティクルを開いて、染料を内部に浸透させていく働きをしていきますし、 このアルカリ剤にって染まりやすくすることが出来るのです。 酸化剤は、過酸化水素水をりようして、酸化染料同士を酸化反応させて発色を促して行く事や、酸化反応を促進する為に、髪の毛の黒色の元であるメラニン色素を脱色を促してしまいます。 基本的にはこの二液を混合させて使用していきますが、成分によっては髪の毛にダメージを与えてしまう物や、アレルギー反応を起こす物もありますから、髪の毛や地肌に触れた時にダメージが 全く無いわけではありません。

白髪染めには様々な種類のタイプが売られていますが、主にクリームタイプ、乳液・液状ジェルタイプ、泡タイプ・フォームタイプ、粉末タイプ、ヘアマニキュアタイプがありまして。 マニキュアタイプは、刺激が少ないので、肌の弱い人や、ヘアカラーによって炎症が置きやすい人、アレルギー反応も少ないと言われていますが、ヘアカラーほどは継続性がありません。 しかしながら安全性の高い白髪染めになると言えるでしょう。

基本知識について
実用的情報について
サイドボックス01イメージ
New!
基礎知識として、どのように白髪が染まっていくのかを説明していきます。
サイドボックス02イメージ
Point
毛や肌質に合わないものを利用する事がないようにするのも大切になってくるでしょう。
サイドボックス03イメージ
PicKup
ヘアカラートリートメントは、実は経済的というのはあまり知っている方がいらっしゃらないようです。