染めるためのテクニック

白髪を綺麗に染めるためのテクニックについて

綺麗に染めるためのテクニック

綺麗に染めるにはいくつかのテクニックがありますが、まずは髪の毛のダメージが少ない状態にしておくことが大切になります。 ダメージがあるとそれ以外と染まる具合や時間が違ってきますから、自分で染める時に色むらになりやすいでしょう。 白髪染めをする時はなるべく一定の温度で行なっていくのが大切になりますが、湿度も適度にあって20から25度前後にしていき、 汗ばまないような状態にしておくことや、浴室もなるべく同じような温度にしておくと良いでしょう。

カラーリング剤は多めにつけずに、まずは白髪などの気なる部分から染めていき、前側から後側に染めて行く事も大切ですし、 ダメージヘアがある場合は、後回しにして他の部分よりも薄めにしておきます。 セミロング程度が、1回分とされていますから、ロングヘアの方は、2箱用意しておくと良いでしょう。 色むらが出来てしまう場合もありますから、加減を見ながら行なっていくのも大切です。

染めた後は、放置する時間がありますが、10分程度長めにすると確りと色が染まりやすいです。 しかしながら放置しすぎると髪の毛も痛んでしまいますから注意が必要になってきます。 カラーリング剤を流すときは行きなりシャンプーを使うのではなく、ある程度水(温水)で流して行きながら、

その後シャンプー剤を使って流していきます。 強くシャンプーをしてごしごし洗ったりせず、柔らかく髪の毛をマッサージするように洗い落としていくと、 髪の毛のダメージが少なくなります。

ヘアカラートリートメントですと、シャンプーした後に染めることが出来ますから楽に染められます。

基本知識について
実用的情報について
サイドボックス01イメージ
New!
基礎知識として、どのように白髪が染まっていくのかを説明していきます。
サイドボックス02イメージ
Point
毛や肌質に合わないものを利用する事がないようにするのも大切になってくるでしょう。
サイドボックス03イメージ
PicKup
ヘアカラートリートメントは、実は経済的というのはあまり知っている方がいらっしゃらないようです。