ヘアマニキュアとヘアカラートリートメントの違いは?

アマニキュアとヘアカラートリートメントの違いについて

ヘアマニキュアとヘアカラートリートメントの違いは?

ヘアマニキュアとヘアカラートリートメントは、ヘアカラーとは違いまして、 髪の毛を痛めにくいのが特徴的です。

ヘアマニキュアは、髪の毛の表メインをコーティングして染めていく方法です。 ヘアカラーはキューティクルを一度開いて脱色してから、染色をしていきますが、 その際に痛めてしまう事がありますし、ヘアカラー特有の刺激臭がありますが、 ヘアマニキュアにはありません。 しかしながら、ヘアカラーほど確りと染まらない事や、白髪は染まりますが、 黒髪が染めるが得意ではありませんし、コーティングをしていますからシャンプーをすると 少しづつ剥がれてしまいます。 3週間程度すると剥がれてしまうことが多い為、塗り直す必要が出てくるでしょう。

ヘアカラートリートメントは、髪の毛につけてカラーリングをしていく方法で、ヘアマニキュアに似ていますが、 トリートメンと効果がありますから髪の毛をいためにくい染める方法になっています。 ヘアカラーよりは染める力は弱いですが、髪の毛を痛めにくい特徴もありますし、 シャンプーの後に利用できるものが多いですから、お風呂場で簡単に染めることが出来ます。 天然由来の成分のものも多くダメージを起こしにくい方法の一つですが、 ヘアマニキュアに比べると何回か塗って行くことで染まっていくのが特徴となります。

どちらもダメージがヘアカラーに比べて少ないですが、一度で染めたい場合はヘアマニキュア、 徐々に染めたい場合はヘアカラートリートメントと考えると良いでしょう。

基本知識について
実用的情報について
サイドボックス01イメージ
New!
基礎知識として、どのように白髪が染まっていくのかを説明していきます。
サイドボックス02イメージ
Point
毛や肌質に合わないものを利用する事がないようにするのも大切になってくるでしょう。
サイドボックス03イメージ
PicKup
ヘアカラートリートメントは、実は経済的というのはあまり知っている方がいらっしゃらないようです。