白髪染めの注意事項・トラブル

白髪染めを行う際に
気をつけていただきたい
注意事項やトラブルについて

白髪染めを行うときの注意・トラブル

白髪染めやカラーリングでは、個人の髪の毛や肌の体質によってトラブルが起きることもあります。 市販の白髪染めや、美容院で染める場合は、パッチテストなどを行なってから利用するのが一般的ですが、 トラブルを防止するためにも、髪の毛や肌質に合わないものを利用する事がないようにするのも大切になってくるでしょう。

通常の白髪染めでは、キューティクルを開いて髪の毛の色を一度抜いてから染める形を取っています。 その為にキューティクルが戻れば良いのですが、剥がれ落ちてしまう事もありますから、そうなってしまうと油分だけではなく、 水分も無くなってしまう為に、パサパサのようなツヤもハリも無い髪の毛になってしいますが、 さらに酷くなると、うねりや切れ毛、枝毛の原因となってしまいますから、このような状況が起きる白髪染めは使っていると さらにダメージが起きてしまうので良くありません。

更にヘアカラーで避けたほうが良い体質は、敏感肌の場合やアレルギー体質、アトピー性皮膚炎の人は避けることをお勧めします。 白髪染めもカラーリングも、刺激が強い物が多いですから、敏感肌の場合は頭皮のダメージが大きくなってしまうことがあり、 痒みだけではなく、肌荒れや炎症を起こしてしまうこともあります。 アレルギー体質の人で注意して欲しい事は、パラフェニレンジアミンが成分に入っていた場合は、アレルギー反応を起こして、 痒みや発疹、炎症を起こすだけでなく、重篤な場合は呼吸困難になってしまうことも考えられます。

敏感肌の人や肌の弱い人も同じように荒れや炎症を起こすことがありますが、ヘアカラーよりは、 マニキュアタイプを利用するなど、刺激性の少ない物を利用していくと良いでしょう。

基本知識について
実用的情報について
サイドボックス01イメージ
New!
基礎知識として、どのように白髪が染まっていくのかを説明していきます。
サイドボックス02イメージ
Point
毛や肌質に合わないものを利用する事がないようにするのも大切になってくるでしょう。
サイドボックス03イメージ
PicKup
ヘアカラートリートメントは、実は経済的というのはあまり知っている方がいらっしゃらないようです。